本文へスキップ

流星館は札幌市中央区の交通事故治療、美顔鍼、美容灸、産後の骨盤矯正、整骨、鍼灸マッサージ治療院。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL. (011)-511-7101

〒064-0914 札幌市中央区南14条西7丁目2-15 行啓通商店街内

院内設備facilities

施設のご案内

治療用の3台のベットが右斜め上から撮影されています

オルゴールがもたらす究極の音の癒し(※1)によりゆったりとした音の環境と、5台のベット、そしてそれぞれのベットごとのカーテンの個人空間によりリラックスできる空間を演出しております。
※1オルゴール効果による癒しとは・・・都会では超低周波や超高周波の音を感知することはほとんどなく、暮らしの中ではストレスを抱え、さまざまな疾患を招きかねない環境にあります。

 オルゴールの音は、私たちの聴覚では捉えることのできない超低周波や超高周波の音で、脳幹を直接刺激し、心臓など内臓の働きを活発化し、全身の血流を促進させます。森を散策することに相当する音の響きを、当治療院で体験なさってみてください。


流星館治療院の治療機器1【低周波治療器(SSPアルファー1)】

低周波治療器の正面からの写真です。上部のコントロール部分を中心に撮影されています。

急性期のリハビリテーションでは、できるだけ早くリハビリテーションを行う事により、筋肉がやせたり、関節が固まって動かしにくくなる事を防ぐことができます。また、コードを変えると『電気鍼』パルスジェネレーターとしても利用可能です。

当院の低周波治療器はSSP療法(※2)を用いて治療を行いっております。
※2 SSPとは円錐状の金属電極を用いた体表面刺激療法で、1976年大阪医科大学麻酔科と日本メディックスによる共同開発によって生まれました。「刺さない鍼治療」と呼ばれています。

1/fの母なるリズムにより人間本来の持つ最適なリズムを治療周波数変化に利用しています。


流星館治療院の治療機器2【ホットパック】

ホットパックの機器とパット部分がベットの上にのせてある写真となります。

人間の体にとって冷えというのは様々な病気の原因となるものです。

当院の体が冷える事によって様々なマイナス要因が引き起こされますが、ホットパックを利用し体を温めることで、悪い部分を治療することができます。

打撲や捻挫、関節痛、リウマチ、筋肉痛、腱鞘炎などの痛みをの改善や肩こりの解消にも利用しています。

 

流星館治療院の治療機器3【干渉波治療器】

干渉波治療器の正面が撮影されています。上部のコントロール部分が撮影されています。

干渉波治療器とは、血流やリンパの循環を促進し筋肉を収縮、拡張させ、そのポンピング作用により筋肉をほぐし、血流を促進させて、痛み物質の除去を図ります。

干渉波は体内で発生するため、痛みはなく、もまれているような感覚になります。

干渉波治療器は、1948年にオーストリアの医師ハンス・ネメック博士により医学会で発表されました。

 

流星館治療院の治療機器4【遠赤外線治療器】

遠赤外線機器の全体像が撮影されています。遠赤外線部分は実際に利用する方法と同じように下を向いています。

遠赤外線は共鳴作用により優れた温熱効果を発揮します。

共鳴作用とは原子と分子が振動を起こし、それを吸収することによる熱反応によって皮下深層の温度が上昇し、微細血管の拡張、血流循環の促進、 代謝障害の一掃、組織の賦活、酵素生成促進が行われます。

こうした大切な代謝を促進するので、汗腺からは生体にたまった老廃物や 、不要有害重金属、加工食品中の有害物、あるいは疲労や老化の原因である乳酸、遊離脂肪酸、脂肪、皮下脂肪、高血圧症の原因とな る余分なナトリウム、痛風の原因になる尿酸などを排泄します。


流星館治療院の治療機器5【赤外線治療器】

赤外線機器の全体像が撮影されています。赤外線部分は遠赤外線機器と同様に、実際に利用する方法と同じように下を向いています。

赤外線による温熱療法は最も人間の歴史となじみが深く、日光浴や温泉浴などの日常的なものから、温熱の熱源として光線、電気(高周波、超音波など)を使用するものまであります。

温める効果というと温泉での治療というのもありますが、症例として紀元前500年頃からギリシアで行われるなどの記録も残っているそうです。

赤外線治療の温熱療法は、熱、電磁波、超音波等のエネルギーを体に供給し、そのエネルギーが体に加わることで、循環の改善や疼痛の軽減、リラクセーションなどの生理的反応を引き起こす事ができます。

 

流星館治療院の治療機器6【ドーム型赤外線治療器】

治療ベットの上にドーム型の全体像が右斜め上より撮影され赤外線機器が、トンネルの様にのっている様子がわかります

赤外線中の目に見えない3~1,000ミクロン位の波長を遠赤外線と呼び、生体に深く浸透し熱反応を起こします。その遠赤外線の中でも8~14ミクロンの波長は成長光線と呼ばれ、体に優しく吸収され、人体に良い影響を及ぼすことで知られています。半円形ドーム型の形状をしているため体形に合わせた効率的な赤外線効果を得ることができます。

お電話でのお問合せはこちら。011-511-7101 <受付時間> 月曜日以外の平日・土日・祝日:午前9:00から午後9:00  ※毎週月曜日/第3火曜日は定休日です(若干変更あり)(往診可・各種健康保険・交通事故・労災取り扱い) 交通事故治療・むち打ち症の治療なら、流星館治療院にお任せください。また、自賠責保険の適用や慰謝料・休業補償の請求手続きもアドバイスすることができます。どうぞお気軽にご相談願います。

Ryuuseikan流星館治療院

〒064-0914
札幌市中央区南14条西7丁目2-15 行啓通商店街内
TEL  (011)511-7101
FAX  (011)511-7555